スクラッチ付きDM~について

スクラッチ付きDM~について

DM制作~スクラッチ付きDM~について

 

DMを送る場合、出来るだけ反応がある

DMにしたいと誰もが考えます。

その中の1つのツールとして

スクラッチ付きDMがあります。

 

そもそもスクラッチという意味は

「ひっかく」「0から、最初から」などの意味があり、

一般的には、シルバーの部分を

こするくじのイメージが強いかと思います。

そのシルバータイプのスクラッチは、

こすると削りかすが出ますが、

下のスクラッチは印刷しており、

こすっても削りかすが出ないのが特徴で衛生的です。

 

くじとしても様々な内容で使用されることもあり、

一例として

「当たり」「はずれ」

「A賞」「B賞」

「○%引き」

「ポイント10倍」

などの特典や、サイトと連動して

「ID」や「パスワード」を

スクラッチにするということもできます。

 

スクラッチをDMに入れることで、

お客様は手にとって

まずは削ってみようという心理が働きます。

まずは手にとって見てもらう、

これがDMにとってとても重要なことなのです。

 

削りカスのスクラッチは、

シルバータイプのスクラッチより

コストも抑えられるので、

今まで反応が悪い、

もう少し反応率を上げたい場合はオススメです。

ただし、注意する点もあります。

極端に薄い用紙には向かないということです。

薄いとスクラッチの部分が透けて見えたり、

こすると破けてしまったりする場合があるので

用紙を指定しております。

またこする場合も10円硬貨を

推奨しておりますので注意が必要です。

 

スクラッチを制作するにあたり、

多少の制約はありますが、

DM以外でもショップカードや

ちらしにも展開することができ、

利用価値は高いツールではないかと考えます。

 

先程も記述しましたが、

スクラッチ付きのDMは遊び心があり、

やってみようという心理・行動が

起きやすいですが、

DMの内容(商品やサービス)、

ターゲット層によって反応率は変わってきます。

これらは、DMすべてに共通することでもあるので、

きちんと企画立てをすることが大切です。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です