毛越寺の紅葉案内DMです。

毛越寺の紅葉案内DMです。

岩手県平泉町にある世界遺産毛越寺です。

10月の下旬から紅葉の見ごろとなりますが、

なんとなく平安時代を偲んだ気品の高さが感じられます。

何度か行ったたことはあるんですが、

あまり歴史についてはわかりませんでした。

そんな毛越寺を知りたくて調べてみました。

(以下毛越寺のホームページから流用です)

白鹿伝説

寺伝によると嘉祥3年(850)慈覚大師が東北巡遊のおり、

この地にさしかかると、一面霧に覆われ、

一歩も前に進めなくなりました。

ふと足元を見ると、

地面に点々と白鹿の毛が落ちておりました。

大師は不思議に思いその毛をたどると、

前方に白鹿がうずくまっておりました。

大師が近づくと、白鹿は姿をかき消し、

やがてどこからともなく、

一人の白髪の老人が現われ

この地に堂宇を建立して霊場にせよと告げました。

大師は、この老人こそ薬師如来の化身と感じ、

一宇の堂を建立し、嘉祥寺と号しました。

これが毛越寺の起こりとされます。

毛越寺の歴史

毛越寺は慈覚大師円仁が開山し、

藤原氏二代基衡(もとひら)から

三代秀衡(ひでひら)の時代に多くの

伽藍(がらん:寺院の建物)が造営されました。

奥州藤原氏滅亡後、

度重なる災禍に遭いすべての建物が焼失したが、

現在大泉が池を中心とする浄土庭園と

平安時代の伽藍遺構がほぼ完全な状態で保存されており、

国の特別史跡・特別名勝の二重の指定を受けています。

浄土庭園

浄土庭園とは仏堂と苑池とが一体として

配された庭園で、

毛越寺では北に塔山と呼ばれる小山を背景として、

広々とした苑地美観が展開します。

大泉が池は浄水をたたえ、

その周辺には、州浜、荒磯風の水分け、

浪返しにあたる立石、

枯山水風の築山といった石組みや、

池に水を引き入れる遣水など、

自然の景観が表されています。

日本最古の作庭書「作庭記」の思想や

技法を今に伝える貴重な庭園として、

800有余年を経た現在も、

四囲の樹木の景観と相まって、

なお変わらぬ美しさを見せています。

 

・・・と簡単にまとめさせていただきましたが、

年末の年越しのテレビでゆく年くる年の中継で

「除夜の鐘」の放送されているのを目にすることもあります。

DMの制作・相談随時受付中です。種類もいろいろです。

http://www.design-omakase.com/item/hagakidm.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です