青根温泉じゃっぽの湯案内DMです。

青根温泉じゃっぽの湯案内DMです。

今年も残すところあと1ヶ月ちょっと・・・となりました。

一年の疲れを取り新しい年を迎えたいという人もいらっしゃると思います。

そこでご紹介したいのが宮城県柴田郡川崎町にある

青根温泉「じゃっぽの湯」です。

川崎町は、伊達家一門の川崎伊達藩の居城がり、

支倉常長(はせくらつねなが)の出身地でもあります。

仙台市の南近郊にありながら、

蔵王山麓に属する山岳丘陵地帯と河岸段丘の発達した

山間盆地からなる自然豊かな町で、

宮城県の南部に位置しています。

青根温泉じゃっぽの湯は、

2006年の開湯以来の入湯者数51万人超の公共温泉であり、

神経痛、リューマチ、腰痛、眼痛などに効き、

美肌効果で女性に大人気!

川崎町産の木材が使われた人と環境にやさしい建物です。

露天風呂を持たず内湯のみ、

営業時間が午前6時半の早朝から、

さらに料金が大人310円(休憩所利用の1日入浴券は550円)と格安であり、

木材がふんだんに使われた館内の雰囲気も、

気取り無く雑然としていて、

これらの特徴からして公衆浴場という位置づけが相応しい・・・とのことです。

ぜひ一度日疲れを癒しに訪れてみてはいかがでしょうか。

DM制作に関しての問い合わせはこちら

http://www.design-omakase.com/index.html

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です